医療脱毛の仕組みとはどのようなもの??

医療脱毛はその名の通り医師のみが扱うことができる脱毛機器を使用し、
広範囲の面積を一気に脱毛できるものです。

エステ脱毛と比較してみれば、時間、回数という点で優れているのが特徴です。

では、脱毛の仕組みとは一体どのようなものなのでしょうか?

レーザー照射の脱毛

レーザー脱毛という言葉を聞いたことがある人は多いと思いますが、
医療脱毛はレーザー照射によって毛母細胞と呼ばれる、
毛の成長を司る細胞を破壊して脱毛を行います。

人間の毛には毛周期と呼ばれる、毛が生えてくるまでの期間がありますので、
この毛周期に合わせて数回レーザーを照射することで、
再び毛が生えてこないようにするのが特徴です。

また、レーザーはダイオードレーザーと呼ばれ、
黒色の色素に反応するものが主流であり、これによって毛に反応し、
脱毛を行うというのが一般的です。

この仕組みによって脱毛を行います。

黒色に反応とは言っても、やはり高温のレーザーですので、
痛みが伴うというデメリットがあり、長年の医療脱毛の課題とされていました。

ですが、冷却機能、脱毛箇所を引っ張り上げる等の工夫が施されることによって、
最近の医療脱毛は急激に進化し、痛みを大幅に和らげることができています。

これが医療脱毛が急激に人気となっている理由です。

 

コメントを残す