レーザー脱毛はチクチク痛む!?どうしてなの?

レーザー脱毛は別名医療脱毛とも言いますが、
その名の通りレーザーを皮膚に照射し、脱毛を行います。

ここで勘違いしている人も多いのですが、
工事現場などで使われているようなレーザーを照射するわけではありません。

そんなものを使用したら毛根どころか、胴体が切断されてしまいます(笑)

使用しているのはダイオードレーザー、アレキサンドレーザーといった、
メラニン色素のように黒色に反応するといったものですので、
その点はご安心ください。

とは言え、やはり毛根を焼くことになりますので、
チクッとした痛みがあると言われており、
医学が発達した現在でも変わりません。

ですが、従来に比べて脱毛機器が大幅に進化し、
痛みをかなり和らげることができたのも事実です。

例えば私がおすすめしているのは、
業界で脱毛価格が最も安いレジーナクリニックですが、
ジェントルレースプロと呼ばれる脱毛機器を使用しています。

これはレーザーを当てる部分を引っ張り上げ、
レーザーを照射しつつ急速に冷却するという仕組みになっていますので、
従来の脱毛器に切らべて、痛みを大幅に軽減することができています。

実際にチクッとした痛みはあっても思っていたほどではなかった、
口コミがほとんどであり、レーザー脱毛も進化しているということでしょう。

今すぐ無料カウンセリングを申し込んでみる


レーザー脱毛を行えるところは病院しかない!?

レーザー脱毛という単語を聞いたことがある人は多いと思いますが、
これはその名の通り特殊なレーザーで毛根の細胞を破壊し、
毛が生えてこなくなるようにするものです。

レーザーと言えば、やけどしちゃうんじゃ??と思うかもしれませんが、
もちろんそのようなことはなく、特殊なレーザーを照射し、
メラニン色素と呼ばれる黒い色素にのみ反応します。

黒い色素と言えばイメージが付くかもしれませんが、
毛の色ですよね。

この特殊なレーザーによって、毛根のみに照射することができるのです。

このレーザー脱毛は病院でしか施術をすることができないのはご存知でしょうか?

というのも、レーザー脱毛用の機器は、
薬事法に規定されている医療機器に該当しますので、資格を持たない人が施術をすることができません。

放射線技師などが良い例です。

これと同じように医師の資格が必要とされています。

ですので、この資格を持った人が薬事法に規定する機器を使用するとなれば、
設置できるのも施術することができるのも病院ということになります。

これは別名医療脱毛と呼ばれており、
その名の通り医療行為に当たるということです。

とは言え、病院と言っても、エステのように個別で仕切られていますし、
医者とは思えないような親切な対応をしてくれます。

脱毛用の病院も増えてきたことから、
接客もきちんとして顧客を獲得していかなければならないということでしょう。

ちなみに、医療脱毛の中で最安値と言われているのがここです。

 

今すぐ無料カウンセリングを申し込んでみる